男女

理学療法士に必要なスキルは専門学校に行くことで身に付けられます

このエントリーをはてなブックマークに追加

患者に合わせて作る

施術

事故や治療などによって手足を失う人がいますが、生活をしていくには義肢や装具が必要になります。義肢を付けることで、動作をスムーズに行なえるようになるのです。症状に合わせて義肢を作る人を義肢装具士といいます。義肢装具士は採寸から仕上げまでの作業を行ない、手足を失ってしまった人のサポートを行なうのです。義肢はしっかりと体にフィットさせることが必要で、サイズなどが合っていないと痛みや不快感を与えてしまいます。快適に体を動かすために、できるだけ負担がかからない義肢を作る必要があるのです。義肢装具士は仕上げまでの工程を全て行なうため、高度なスキルを身に付けることが重要になっていきます。養成課程のある大学や専門学校を卒業したり、養成所で学んだりすることによって国家試験の受験資格を得ることができるのです。4年制大学や短期大学に行くことで、スキルを身に付けることは可能になります。大学以外にも職業訓練校や養成所でしっかりと学ぶことによって国家試験を受験することができます。幅広い環境で学べるので、自分に合った進路に進めるようになっているのです。義肢装具士としての資格を取得することで、製作会社などに就職することが可能になります。多くの環境で働ける職業ではないですが、専門性が高く、高度なスキルを身に付けることによって多くの患者をサポートすることができるのです。学校によって学ぶ期間などは変わるため、自分に合った方法で選ぶことが重要になります。